皆さん、こんにちは(〃'ω')佐世保スタッフです。

1月30日、佐世保中央消防署から講師の先生をお招きし、長崎県事業として「普通救命講習会」を実施いたしました。

来所者11名と職員2名の計13名が受講し、大勢の人で賑わいました。

 

講座の内容は窒息や出血など緊急時の応急手当や心臓蘇生法、AEDの使用手順についての講義および実技の2本立てで、いずれもいざというときにすぐに役立つものでした。

 

言葉だけ見ると固く難しい内容に感じますが、講師の先生が自分の体験談やギャグ・実演なども交えて軽妙かつ丁寧に話して下さいましたので、初心者にも解りやすく、リラックスして講義を受けることができました。

 

特に実技に入ってからは参加者同士が打ち解け、時々笑い声も聞こえ、和気あいあいとした雰囲気の中で講習を受けることができました。

 

この講習を受講した人は受講修了証が交付されます。

今回受講された来所者さんからも「このような資格を取得したのは久しぶりでしたので感激しました」「今後は今回学んだことを忘れないように時々テキストを見直し、いざという時に役立てたいと思います。」という声も聞けて、私たちスタッフも大変嬉しかったです。

 

大変有意義な一日となりました。

佐世保中央消防署の講師の先生、本当にありがとうございました!

 

サポステ佐世保(厚生労働省の委託事業です)のホームページもぜひ見てくださいね